住宅ローンを組む際の注意事項

住宅ローンの返済が滞ると、抵当権によって裁判所が不動産競売をかけることになるか、金融機関が不動産売却をすることになり、ローンを組んだ住宅が手元を離れてしまいます。住宅ローンに限ったことではなく、ローンを組む際に特に注意したいのは、返済のための借入、いわゆる多重債務に陥らないようにすることです。


●住宅ローンを組むときに注意すべきこと●

返済について困ったことが生じた場合は、すぐに借入をしている金融機関の担当者に相談してください。万が一、多重債務に陥ってしまった場合は弁護士などによる整理、裁判所による調停、民事再生手続きや自己破産といった手段で債務を整理することになります。こうした自体にならないように、住宅ローンを組むときにはローン保証料を支払ったり、団体信用生命保険という保険に加入したりするケースもあります。ローン保証料というのは、返済が滞ったときに備える連帯保証人のようなもの、団体信用生命保険は保険金でローンの残りを支払うことのできる生命保険です。長い期間を返済していくものですから、不測の事態に備えておくことをおすすめします。尚、万が一のときのために、火災保険、地震保険といった保険加入も考慮しておくと良いでしょう。

お勧めの住宅ローンはネット銀行

住宅ローンをどの会社にするかを決める際、金利の安さでどの住宅ローン会社にするかを決められるかと思いますが金利が安いのは店頭に足を運び契約する事が1番安く契約できる方法だとは思っていませんか?


●金利の安い住宅ローン●

昔は、店頭に足を運び契約する事が多かったのでそう感じる方が多いかと思いますが、現在はネットという便利な通信手段を使って安い金利のローンを契約する事が出来ます。店頭に足を運び、直接人と会って話をしてからローンの契約をしていきたいという方とっては人と会うことなく金銭の契約をする事に不安を感じる方もいると思います。ネット上でのやり取りに不安や抵抗のある方にはネット銀行をお勧めする事は出来ませんが、仕事が忙しく店舗に行く時間が無い方や直接人と会って話をするのが苦手な方、ネット銀行に抵抗のない方にお勧めしたいローンの組み方です。ネット銀行の魅力は、人件費などがあまり掛からないので金利を安くする事ができ結果的に店舗での契約よりも安い金利で契約する事が出来るという点です。ローンを組む金額が少なければ、金利の違いも気にならないかもしれませんが金額が多くなれば金利の安さは重要になってくるので、少しでも出費を減らしたい方は選択肢に加えられたら良いと思います。