住宅ローンで変動金利は危ない?

住宅ローンを申し込む際には2つに金利タイプから選ぶことができます。
安定した金利で返済を続けられる固定金利タイプと、金利の変化に連動する変動金利タイプです。
変動金利タイプではもちろん今後の行方次第ではかなりお得に完済することができますが、一般的には固定金利タイプをおすすめされることが多いのが現状です。
これは単に日本人の気質が保守的ということではなく、変動金利とはそれだけハイリスクローリターンの融資なのです。


●変動金利のメリットとデメリットとは?●

変動金利のメリットといえば借入後に金利が下がれば得をするということです。
言い返せばこれだけしかメリットがないということもできます。
一方、デメリットとしては今後の返済プランが立てにくいといったものがあげられます。住宅ローンというのは毎月の支払も多額になるので、ちゃんとした返済プランがなければ生活も不安定になることでしょう。
また、もし金利が上昇してしまった場合には返済額も増えることになってしまい、現在の収入では利息が支払えなくなるといった自体にも陥りかねません。
上記のようなことから変動金利というのはメリットよりもデメリットが大きいと言われているのです。


●住宅ローンでの未払い利息とはどんなもの?●

住宅ローンで変動金利を選択した場合には未払い利息が発生してしまう可能性もあります。
未払い利息とは返済額が大幅に増加したことで利息が返済額を超えてしまった状態のことをいいます。
この状態になってしまうと何年支払おうと元金がまったく減らないといった状態になり、未払いの利息は繰り越されるのでむしろ借金が増えていくと言った状態になります。
住宅ローンは額も大きいのでわずか数%金利が上昇しただけで利息は大幅に増加します。
そのため、よっぽど資金に余裕がない限り変動金利は避けておいた方が懸命といえるでしょう。
また、それほど資金に余裕があるのであれば頭金に回すなどして債務額を減らした方が懸命です。
このような理由から一般的に変動金利で住宅ローンを組むことはおすすめされていません。