住宅ローン・変動金利のメリットとデメリット

変動金利型の住宅ローンは、固定金利タイプ型の住宅ローンに比べて適用金利が低いので毎月の返済額が安く済むことで人気があります。金利上昇のリスクをうまく抑えることができればメリットの多い商品となります。


<変動金利のメリット>

当然低金利期や金利下降期にはメリットが享受できます。金利の見直しは年2回で、実際に返済額が変更されるのは5年に1回です。5年間は返済額固定の場合が多く、当初の負担が少ないので、初めの負担額を減らしたい方には向いています。低金利状態が長く続けば、トータルの返済額も最も有利な結果となる可能性があります。


<変動金利のデメリット>

5年間返済額が変わらないということが災いし、急激な金利上昇期に未収利息が元金に加算されてしまうことがあります。また市場金利はどうしても上下するので、金利の動向に柔軟な対応が難しいという方にはふさわしくないかも知れません。


<その他注意点>

変動金利型の住宅ローンは、表面上の金利の他に、「保証料」や「借入手数料」が必要になり、実質的な金利が上がってしまう場合があります。また金利優遇の条件に給与振込口座を指定することをあげている銀行もありますが、そうした場合には借り換えが難しくなりますので注意が必要です。

いずれの商品にしても一長一短というのは避けられないことではありますが、どのようなメリットに重点を置いて商品を選ぶか、そしてそのための商品研究は必須といえるでしょう。