家を高く売るために押さえておくべきコツ

家を売るということは、人生でそう何度も経験することではありませんから、知識がなくて当然です。しかし動くお金が大きいだけに、ちょっとしたことで大きな損をしてしまうことも珍しくありません。
少しでも高く家を売るために、知っておきたいコツについてまとめてみました。

自分で相場を知っておく

住宅には決まった値段が付いていません。建ててからの年数や駅からのアクセス、周辺環境などを総合して価格が決定します。この価格は査定によってつけてもらうことになりますが、自分でも相場をチェックしておくことをおすすめします。知識のない状態で査定してもらっても、その価格が正しいかどうか分かりません。もし価格に不満があっても、質問することができないので、ただただ相手方の言うことを鵜呑みにするしかなくなってしまうからです。相場を理解しておけば、全てを不動産業者任せになってしまう事態を防ぐことができます。また相場をしって売却価格を具体的にイメージしておくことも可能になるのです。自分の家の相場を知るには、インターネットで複数の指標を調べたり、住宅情報誌で近所の不動産の価格をチェックするのがやりやすい方法になります。

複数の業者に査定を依頼する

自分で相場を把握した上で、不動産会社に査定を依頼しましょう。このとき、1社だけに任せず、複数社に依頼を行うことが大切です。1~2社では提示された情報に間違いがないか判断することができないので、3~5社ほどに依頼するのがおすすめです。基本的にどの不動産会社も同じ指標を元に査定を行うため、どこに依頼しても似たような価格になることが多いです。しかし不動産会社もいろいろなので、持っている情報や市場データの分析方法には違いがあります。その結果、査定額に幅が出ることがあるのです。ここで気を付けたいのが、高い価格を付けてくれた業者と契約することが必ずしも最善とは言えないことです。中には契約を結ぶことだけを目的に高い査定額を提示してくる業者もいます。飛びぬけて高額な査定額は警戒した方が良いでしょう。

知っておきたい売却方法の種類

家をはじめとする不動産の売却を不動産会社に依頼する場合、「仲介」と「買取」の2つの売却方法から1つを選択することになります。仲介とは、不動産会社に購入希望者を探してもらう方法です。媒介契約を結んで営業活動を行ってもらい、家を買いたいという人を探してもらいます。買取と比べて高く売ることができますが、営業活動を行う分売却完了までには期間がかかります。さらに不動産会社には仲介手数料を支払わなければなりません。買取とは、不動産会社に直接家を買取ってもらう方法です。購入希望者を探す必要がないため早期に売却が可能で、仲介手数料を支払う必要もありません。ただし売却価格が低くなる点には注意が必要です。それぞれにメリットデメリットがあるので、自分の希望に合わせて選択する必要があります。何を重要視するのか、よく検討しましょう。

ローンが残っている家を売却するには

離婚や転勤などが理由で、ローンが残っている家を売却するというケースが増えています。ローンが残っている家を売るには、そのローンを完済することが大前提となります。というのも、ローン完済前の家には抵当権が設定されています。これが残ったまま住宅を売ると、もしローン返済が滞った際、新しい持ち主が家を取り上げられてしまうことになります。つまりこれを消さないことには売ることができないということです。売却代金でローンを完済できれば問題ないのですが、もし完済できない場合は自己資金を用意したり、別途買い換えローンや無担保ローンなどから借り入れをしてローンを完済しなくてはなりません。それだけに、高く売却することが必須条件になるのです。

家を売るときに必要になる費用とは

家を売るにも費用がかかります。意外にも費用の額は大きいので、特にローンが残っている家を売る場合など、どれくらいのお金が入って来るのか把握するためにもしっかり押さえておきましょう。まず印紙税がかかります。これは売買契約書に貼りつける収入印紙で納付する税金です。売却価格によっていくら印紙税がかかるかも変わってきます。貼り忘れてしまうと3倍の過怠金が課されるため、注意が必要です。家を売ることで利益を得た場合は、譲渡益課税がかかります。これは出た利益の額によって課される住民税と所得税のことです。もし利益が出ていない場合は課税されませんし申告も不要です。売却したタイミングでローンが残っていた場合は、ローンを完済した上で抵当権抹消のための手続きを行います。これが抵当権抹消登記費用です。手続きの金額は数千円になることが大半ですが、司法書士に依頼するとそのための費用も必要になります。仲介で家を売った場合は、仲介手数料を不動産会社に支払います。消費税も課されるため、意外に高額になることが多いので、注意しましょう。

コツを押さえて少しでも高く売却しよう

大切に住んできた家ですから、売るならできるだけ高く売りたいというのが本音でしょう。そのためには自分で家の相場を知り、不動産会社の言うことを鵜呑みにしないようにすることが大切です。そうすることで、自分でも納得した上で売ることができるでしょう。また、家を売るには諸経費がかかります。これを頭に入れておかないと、希望する金額が手元に残らない、という事態になりかねません。特にローン完済が必要な場合は死活問題ですので、しっかり把握しておきましょう。知っておくべきポイントを押さえれば、納得のいく住宅売却ができるはずです。

家を売るための知識と不動産業者の選び方

家の売買は売り手と買い手が合意すれば成立しますが、実際の売買は不動産業者に依頼するケースがほとんどです。家を売るには仲介か買取かの売却方法を選択する必要があり、又、仲介の場合は契約方式を選ぶ必要があります。信頼できる不動産会社を探す手法も一つではありません。

家を売るための二つの方法

家を売るためには二つの方法があります。一つは不動産業者に買い手を探してもらう仲介という方法です。もう一つは、不動産業者に直接買い取ってもらう買取という方法です。仲介により買い手を探してもらう場合は、不動産業者との間で仲介契約が必要です。契約の種類により、依頼者と不動産業者が負う義務が異なります。仲介は買取よりも、売買成立までに時間がかかります。依頼を受けた不動産業者はチラシの配布や雑誌、インターネットへの掲載などにより販売活動を行います。購入希望者が現れた場合は価格交渉を行い、売り手と買い手が合意すれば取引は成立します。買取は全ての業者が扱っているわけではなく、資金力のある特定の業者だけが扱っています。買取は仲介と比べて売却価格が安くなるのが一般的です。一般に買取に費やされる時間は短く、短期間での現金化が可能です。販売活動を行わないので、隣近所に知られずに済みます。仲介は信頼できる不動産業者に依頼することが必要で、買取は高値で買い取ってくる業者をいかに探すかが決め手となります。

家を高く売るために必要な仲介の知識

仲介を依頼する場合の契約には、一般媒介契約、専任媒介契約及び専属専任媒介契約の3種類があります。一般媒介契約は依頼者にとっても不動産業者にとっても、制約が最も少ない契約方式です。専任媒介契約は依頼する不動産業者を一つに特定する必要があります。不動産業者は一定期間内に業務処理状況の報告を行う義務が生じ、さらに、一定期間内に指定流通機構への物件の登録が必要となります。専属専任媒介契約を締結した場合は、依頼者が自分で買い手を探すことはできなくなり、さらに不動産業者は業務処理状況の報告や指定流通機構への物件の登録の条件が厳しくなるのです。仲介の場合、どの契約方式を選ぶかは依頼者に任されています。一般媒介契約は制約が少ない契約方式ですが、不動産業者の買い手を探すモチベーションは下がります。専任媒介契約及び専属専任媒介契約は依頼する不動産業者を特定することになるので、依頼を受けた不動産会社の売却に対するモチベーションは高くなるでしょう。

信頼できる不動産業者とは

家の売却を依頼したい業者とは、なるべく短期間で、しかも、高値で家を売ってくれる業者です。不動産の売買は、仲介する不動産業者によって価格が異なります。不動産売買における取引価格は、原則として売主と買主の合意により定まり、他の要因で決まることはありません。しかし、仲介する不動産業者によって価格が異なるのは、不動産業界特有の事情が関係しています。不動産業者は売主と買主を共に見つけて売買を成立させた場合は、売主と買主の双方から不動産手数料を得ることができます。そのために、売却の依頼を受けた不動産会社は、その物件を高値で売ることよりも、安値でも買い手を見つけて取引を成立させることに注力することを選びます。そのことにより、本来は高値で売れる物件が安値で売られることも起きてしまいます。家を高値で売るためには、物件の売却だけに専念する業者を選んだ方が、高値で売れる可能性が高くなります。不動産業者の多くは売りと買いの双方に関わろうとしますが、売りだけに専念してくれる業者も存在します。

信頼できる不動産業者の探し方

信頼できる不動産業者の探し方は様々です。家を高値で売る場合は、信頼できる不動産業者に依頼することが条件となります。不動業業者を選ぶ場合は、売却しようとする物件と同じ地域で営業する業者から探す方法が効果的です。不動産会社には賃貸物件の斡旋を専門的に行っているところがありますが、そのような業者は売買が得意ではありません。ある程度の規模の店舗を擁し、その街の中心部に店舗を構えている業者が選択の候補となります。店舗の入りやすさや清潔感、従業員の程度などにより、安心して任せられる業者を見分けることができるでしょう。決め手になるのは担当者の態度です。一方的に話を進めるのではなく、依頼者の話を良く聞いてくれる担当者のいる業者が信頼できます。不動産は物件ごとに特性が異なり、売主の個別的な事情も様々です。依頼者の話を良く聞くことからしか、物件の特性や個別的な事情は見えてきません。担当者が良く話を聞いてくれることは、業者を選ぶ場合の大切な条件となります。

一括査定サイトを利用する場合の注意点

インターネットの普及により、家を売る場合に不動産売却の一括査定サイトが利用できるようになりました。複数の業者からの査定を受けることができ、比較検討が容易なのが利点です。注意しなければならないのは、一括査定サイトは全ての不動産業者を網羅しているのではないことです。一括査定サイトは、参加している不動産業者に偏りが見られる場合があります。また、参加している業者が全て優良な業者とは限りません。中には自社の利益を優先的に考え、依頼者の利益を後回しにする業者も存在します。一括査定サイトにより提示される査定額は、売買価格を保証するものではありません。低い査定価格を提示した業者が、実際の売買では高値での売却に成功するケースもあります。一括査定サイトを利用して業者を決める場合も、担当者の資質を見極めてから業者を選ぶ姿勢が大切です。

家の売却で失敗しないために

普通の生活者にとっては、家を売却する頻度は多くは無いはずです。経験の少ない依頼者に対して不動産業者は売買の経験が豊富ですので、情報の格差からくる不利益を避けるためには、家を売る場合に必要な最低限の知識を得ることが必要です。良質な情報はインターネット上でも検索が可能なので、有効な活用が望まれます。仲介を依頼する場合の契約方式にも工夫がいります。始めての取引となる業者を選ぶ場合は、一般媒介契約により選択の自由度を確保しておくことも必要です。一般媒介契約であれば、依頼する業者を一つに絞る必要はありません。複数の業者に依頼して、高値で買い取ってくれる買い手を探すのも方法の一つです。

わかりやすく不動産の査定額と価値を説明!

今回その売る場合の注意点などを説明するために、不動産を売る買う際に直接影響する積算価格でまず考えてみます。

積算価格とは、土地と建物の価値を合わせたものです。木造の家は、契約成立が完了してから30年ほどかけて建物の価値がなくなっていきます。ですが、土地の値段は国土の価格や土地の形状によって変わっていくものの、ある程度の価値を保ち続けていきます。

またマンションの場合は同じマンションに住む人たち全員でマンションの土地を共有しています。そのため、自分が所有している土地の実質的な価値は、建物の一部分のみと言っても差し支えないでしょう。この点から考えた場合、マンションの環境、駅から家との距離、近くに学校があるといった周囲の状況により、価値が決まります。

不動産を査定、売却するためには不動産の価値の付け方

住宅にしても、マンションにしても、不動産の価値として見られるとされる項目には幾つか共通点があります。まずは駅からの距離です。次に比較的人気のある場所かどうか。さらに大手が作った家なのかなどです。駅からの距離や人気のある場所という項目に共通しているのは、利便性と娯楽性です。これが多くの住宅に求められている事と言えます。特に、都市部へ行くための電車の乗り換えが要らない、都市部の駅近くであることは注目されており、関東では近くにJR中央線、JR山手線が近くにある物件が凄まじい人気を誇っています。

この人気のあるエリアは、毎年さほど大きな変化はなく、関東では吉祥寺や恵比寿がとても人気です。利便性と共に娯楽の環境が整っているかどうかが重要視されているのが現状です。

不動産を査定、売却するためには不動産の価値 一戸建ての場合

一戸建ての場合は、建物の価値は落ちてしまっていても土地が価値を持っているので、更地にして売ることや、大規模なリフォーム前提をすることを視野に入れて、ほぼ土地代のみを利用するといった売却の方法もとることができるのが一戸建ての強みです。

現在、首都圏では不動産の契約成立案件は、最近では前年同時期に比べ毎年上回っています。これは、多少金額が高いとしても娯楽性溢れる土地と立地の良い建物が売れていることを証明したと言えます。注目すべき内容は、契約成立の価格が約7ヶ月連続で上昇していったということ。この要素の中には、前哨の駅に近い、人気の場所という条件も含まれています。同額を出すならば土地まで、という層が表れているのがこの現象と言えると思われます。

不動産を査定、売却するためには不動産の価値 マンションの場合

通常の場合は、利便性の高い、良い土地に建てられているマンションは建物がしっかり管理されていた場合、充分に売れるのがマンションです。残念ながら土地という不動の価値は持たないですが、住む環境を揃えるという観点からはとても強みがある事が最大のポイントです。都市部においては、中古マンションの契約成立件数は前年同月に比べ上がりました。平方メートルによる当たりの単価数も上昇中です。主に中古マンションの購入を検討している方たちの多くが狭くても、環境の良いところにお金を出し住みたいとする申し出が高まっていることを示すポイントと言えます。マンションの最大の特徴である環境にお金を出していく、というのが価格を毎年少しづつ押し上げていることが考えられます。

不動産を査定、売却するためには不動産の価値 利便性

昔から土地を持っていれば安心が出来ると考えられてきたのがこれまでの不動産の価値に関する考え方です。しかし、ここ数年ではその考えは消え始めています。交通省が発表した調査を参照した所では、一戸建てが欲しいと答えた人の割合が全体の6割にまで下落しました。どちらでもよいと答えた人は上昇を続けていき、2割にまで上りました。土地の価格に対する質問では、土地の利便性の関心に非常に好ましいとする割合が5割と、調査を開始した時より過去で最大を示します。土地を含む不動産の価値は利便性と考える人が増えているという事でしょう。高くても、利便性が良いということが重要視されていることがわかります。

不動産を査定、売却するためには不動産の価値 上手く売るには

ここまで不動産の価値を見分けていき、売ること、買うことに慣れた方たちが、同じことを言うことのひとつに土地は、なかなか買うことができないが、利便性はお金で買収することが出来るということです。確実に好みの願望と利便性を備えた家に出会うことはとても難しいかもしれませんが、希望の利便性を備えた家はある程度探し出すことができます。外に出ていかず全てが完成する人生はあり得ないのです。特に仕事に出ている方、子どもたちなら通学と、日々の家から出ていくことが日常である家族にとっては、利便性があるなどの環境ほど重要である要素はありません。毎日の生活に負担をなるべくかけず、快適に日々を過ごせることが、本来の住まいに求める条件の1つなのです。