家を売るための知識と不動産業者の選び方

家の売買は売り手と買い手が合意すれば成立しますが、実際の売買は不動産業者に依頼するケースがほとんどです。家を売るには仲介か買取かの売却方法を選択する必要があり、又、仲介の場合は契約方式を選ぶ必要があります。信頼できる不動産会社を探す手法も一つではありません。

家を売るための二つの方法

家を売るためには二つの方法があります。一つは不動産業者に買い手を探してもらう仲介という方法です。もう一つは、不動産業者に直接買い取ってもらう買取という方法です。仲介により買い手を探してもらう場合は、不動産業者との間で仲介契約が必要です。契約の種類により、依頼者と不動産業者が負う義務が異なります。仲介は買取よりも、売買成立までに時間がかかります。依頼を受けた不動産業者はチラシの配布や雑誌、インターネットへの掲載などにより販売活動を行います。購入希望者が現れた場合は価格交渉を行い、売り手と買い手が合意すれば取引は成立します。買取は全ての業者が扱っているわけではなく、資金力のある特定の業者だけが扱っています。買取は仲介と比べて売却価格が安くなるのが一般的です。一般に買取に費やされる時間は短く、短期間での現金化が可能です。販売活動を行わないので、隣近所に知られずに済みます。仲介は信頼できる不動産業者に依頼することが必要で、買取は高値で買い取ってくる業者をいかに探すかが決め手となります。

家を高く売るために必要な仲介の知識

仲介を依頼する場合の契約には、一般媒介契約、専任媒介契約及び専属専任媒介契約の3種類があります。一般媒介契約は依頼者にとっても不動産業者にとっても、制約が最も少ない契約方式です。専任媒介契約は依頼する不動産業者を一つに特定する必要があります。不動産業者は一定期間内に業務処理状況の報告を行う義務が生じ、さらに、一定期間内に指定流通機構への物件の登録が必要となります。専属専任媒介契約を締結した場合は、依頼者が自分で買い手を探すことはできなくなり、さらに不動産業者は業務処理状況の報告や指定流通機構への物件の登録の条件が厳しくなるのです。仲介の場合、どの契約方式を選ぶかは依頼者に任されています。一般媒介契約は制約が少ない契約方式ですが、不動産業者の買い手を探すモチベーションは下がります。専任媒介契約及び専属専任媒介契約は依頼する不動産業者を特定することになるので、依頼を受けた不動産会社の売却に対するモチベーションは高くなるでしょう。

信頼できる不動産業者とは

家の売却を依頼したい業者とは、なるべく短期間で、しかも、高値で家を売ってくれる業者です。不動産の売買は、仲介する不動産業者によって価格が異なります。不動産売買における取引価格は、原則として売主と買主の合意により定まり、他の要因で決まることはありません。しかし、仲介する不動産業者によって価格が異なるのは、不動産業界特有の事情が関係しています。不動産業者は売主と買主を共に見つけて売買を成立させた場合は、売主と買主の双方から不動産手数料を得ることができます。そのために、売却の依頼を受けた不動産会社は、その物件を高値で売ることよりも、安値でも買い手を見つけて取引を成立させることに注力することを選びます。そのことにより、本来は高値で売れる物件が安値で売られることも起きてしまいます。家を高値で売るためには、物件の売却だけに専念する業者を選んだ方が、高値で売れる可能性が高くなります。不動産業者の多くは売りと買いの双方に関わろうとしますが、売りだけに専念してくれる業者も存在します。

信頼できる不動産業者の探し方

信頼できる不動産業者の探し方は様々です。家を高値で売る場合は、信頼できる不動産業者に依頼することが条件となります。不動業業者を選ぶ場合は、売却しようとする物件と同じ地域で営業する業者から探す方法が効果的です。不動産会社には賃貸物件の斡旋を専門的に行っているところがありますが、そのような業者は売買が得意ではありません。ある程度の規模の店舗を擁し、その街の中心部に店舗を構えている業者が選択の候補となります。店舗の入りやすさや清潔感、従業員の程度などにより、安心して任せられる業者を見分けることができるでしょう。決め手になるのは担当者の態度です。一方的に話を進めるのではなく、依頼者の話を良く聞いてくれる担当者のいる業者が信頼できます。不動産は物件ごとに特性が異なり、売主の個別的な事情も様々です。依頼者の話を良く聞くことからしか、物件の特性や個別的な事情は見えてきません。担当者が良く話を聞いてくれることは、業者を選ぶ場合の大切な条件となります。

一括査定サイトを利用する場合の注意点

インターネットの普及により、家を売る場合に不動産売却の一括査定サイトが利用できるようになりました。複数の業者からの査定を受けることができ、比較検討が容易なのが利点です。注意しなければならないのは、一括査定サイトは全ての不動産業者を網羅しているのではないことです。一括査定サイトは、参加している不動産業者に偏りが見られる場合があります。また、参加している業者が全て優良な業者とは限りません。中には自社の利益を優先的に考え、依頼者の利益を後回しにする業者も存在します。一括査定サイトにより提示される査定額は、売買価格を保証するものではありません。低い査定価格を提示した業者が、実際の売買では高値での売却に成功するケースもあります。一括査定サイトを利用して業者を決める場合も、担当者の資質を見極めてから業者を選ぶ姿勢が大切です。

家の売却で失敗しないために

普通の生活者にとっては、家を売却する頻度は多くは無いはずです。経験の少ない依頼者に対して不動産業者は売買の経験が豊富ですので、情報の格差からくる不利益を避けるためには、家を売る場合に必要な最低限の知識を得ることが必要です。良質な情報はインターネット上でも検索が可能なので、有効な活用が望まれます。仲介を依頼する場合の契約方式にも工夫がいります。始めての取引となる業者を選ぶ場合は、一般媒介契約により選択の自由度を確保しておくことも必要です。一般媒介契約であれば、依頼する業者を一つに絞る必要はありません。複数の業者に依頼して、高値で買い取ってくれる買い手を探すのも方法の一つです。